Fashion特集

オンでもオフでも使える!ジャケットまとめ22選

暑すぎる日々が過ぎ、朝晩は特に肌寒くなってきて秋の空気を感じる今日この頃。
でも日中は半袖でちょうどいいんだよね、という時に活躍するのが夏のコーデにさっと羽織れるジャケット。
お仕事用にカチッとしたタイプや、今季トレンドのCPOジャケット、
コーデュロイ素材のカジュアルジャケットなど、一口にジャケットといっても種類はさまざま。
自分にハマるジャケット探しの参考になるようなジャケットコーディネイトを集めました。

目次 ★お仕事から母行事まで使えるきちんとジャケット
★オフの日に着たいオシャレカジュアルジャケット

★きちんとシャケット

1・清潔感のあるブルーグリーンならお初のサロンでも好印象♡

グリーンとブルーの中間色にグレーを混ぜたような絶妙なオシャレ色。ジャケット¥84,000パンツ¥59,000(ともにロンハーマン)Tシャツ¥8,000(RHCロンハーマン)バッグ¥45,000(IACUCCI/IACUCCI 大丸東京店)靴¥109,000(クリスチャン ルブタン/クリスチャン ルブタン ジャパン)ピアス¥68,000(GIGI/ホワイトオフィス)時計¥18,000(ジュエッテ)リング¥130,000(カドー/カドー伊勢丹新宿店)

2・図書館で真面目に勉強。 背筋の伸びるジャケットが知的なムードを醸し出す

ジャケット¥22,000(ブラクトメント/ユナイテッドアローズグリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店)ニット¥28,000(スローン)パンツ¥32,000(インコテックス/エリオポール代官山)バッグ¥58,000(FLYNN/スタニングルアー 青山店)サンダル¥44,000〈ネブローニリ〉ング¥25,000〈シャーロット ウーニング〉(ともにフラッパーズ)メガネ¥34,000(ローワーケース/ブリンク ベース)ピアス¥12,000(シャーロット ルベック/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)

3・コーデュロイジャケットでラフさときちんと感を併せもつTシャツスタイルに

ベージュコーデュロイジャケット¥69,000(カバナ/ロンハーマン)Tシャツ¥7,500(スリードッツ/スリードッツ青山店)パンツ¥27,000(ハウント/ハウント代官山/ゲストリスト)サングラス¥2,769(ザラ/ザラ・ジャパン)イヤリング¥9,000(アビステ)ブレスレット¥19,000(ザ ダラス/ザ ダラス ラボ.)バッグ¥37,000(VASIC/コード)スカーフ¥17,000(CITRUS/essence of ANAYI)イエローパンプス¥26,000(TSURU by Mariko Oikawa)

4・優しいライトグレーはジャケットをONして女っぽいお仕事スタイルに

スカート¥12,000(S・girasole)ジャケット¥15,990(イェッカヴェッカ 新宿)Tシャツ¥5,900(ジネス/ジネス ペリエ千葉店)バングル¥4,320(ジューシーロック)バッグ¥7,900(ラウゴア)パンプス¥8,500(ILIMA/EVOL)

5・ジャケットとのセットアップコーデは今季流

ウエスト幅が広く、後ろはゴム仕様なので、ハイウエストながら着やすい設計。あえてオンシーンにサスペンダーありで着てオシャレ感をアピール。テーラードジャケット¥28,000リブニット¥9,800スカート¥17,000バッグ¥14,000ピアス¥3,900(すべてジャスグリッティー)

6・秋のトレンド・レオパードを取り入れて

ジャケット¥19,800(ジネス/ジネス ペリエ千葉店)Tシャツ&スカートセット¥15,800(ヴァンヌフ/ボヌール)ピアス¥12,000太バングル¥9,000細バングル¥6,000(すべてSILVER SPOON)バッグ¥20,000〈ダイアナ〉パンプス¥20,000〈タラントン by ダイアナ〉(ともにダイアナ 銀座本店)

7・オールホワイトにブラウンをON。やわらかさも手に入る

パキッとした白にまろやかなブラウンを一点投入するだけで秋仕様に衣替え。形がマニッシュだから色はやさしく、が鉄則! ジャケット¥42,000(ダイアグラム/Diagram 表参道ヒルズ店)Tシャツ¥8,000(ロンハーマン)スカート¥20,000(エストネーション)バッグ¥110,000(ラドロー/ラドロー阪急うめだ本店)靴¥49,000(ペリーコ/アマン)ピアス¥28,000(ケンゴ クマ プラスマユ/ヴァンドームヤマダ)

8・ラップ風デザインとプリーツがお仕事服に華やぎをプラス

ジャケット¥32,000(ジャーナル スタンダード レサージュ/ジャーナル スタンダード表参道)スカート¥26,000(ルーニィ)カットソー¥6,000(PUBLIC TOKYO/ PUBLIC TOKYO WOMENS新宿店)バッグ¥21,000(マルコ マッシ/アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店)靴¥40,000(ロランス/ザ・グランドインク)ネックレス¥25,000〈ヘレナ ローナー〉バングル¥12,000〈フィリップ オーディベール〉(ともにプラージュ 代官山店)時計¥21,000(ロゼモン/オ・ビジュー)

9・グレイッシュなワントーンコーデにインナーの色を効かせて

ジャケット¥15,000(PLST)パンツ[共布ベルト付き]¥17,000(FRAY I.D/FRAY I.D ルミネ新宿2店)ニット¥20,000(Theory)バッグ¥101,000(ザンケッティ/エリオポール代官山)靴¥49,000(ペリーコ/アマン)イヤーカフ[1ピース]¥5,800(イン ムード/フォーティーン ショールーム)時計[ベルト]¥12,000(ノジェス)

10・〝プラムブラウン〟色はネイビーを引き立てる

「プラムブラウン色」は、ブラウンって老けて見えそうと思う40代こそ穿いてみて。きちんとだけど華やかで、予定のある日に頼れるコーデになります。スカート¥20,000(エストネーション/エストネーション)ジャケット¥15,000(ミラ オーウェン/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店)Tシャツ¥12,000〈ADAWAS〉バッグ¥69,000〈OAD NEW YORK〉(ともにショールーム セッション)靴¥14,500(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)ピアス¥19,000(ノジェス)

11・落ち感と揺らめきが美しいパンツで大人の余裕を感じさせて

トップスをタイトに引き締めると好バランス。ジャケット¥15,000(ミラ オーウェン/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店)パンツ¥22,000(セルフォード/CELFORD ルミネ新宿1店)ニット¥14,000(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 銀座店)バッグ¥49,000(OAD NEW YORK/ショールーム セッション)靴¥45,000(バルダン/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店)ピアス¥168,000ネックレス¥58,000(ともにプラウ/フラッパーズ)時計¥9,800(KOMONO/コモノ 東京)

12・ベージュのワントーンで大人シックな装いに

ジャケット[共布ベルト付き]¥23,000(ユナイテッド トウキョウ/ユナイテッド トウキョウ 新丸ビル店)パンツ¥16,800(バナーバレット/BANNER BARRETT)ニット¥7,500(BLACK BY MOUSSY/バロックジャパンリミテッド)バッグ¥70,000(シャーク チェイサー/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店)靴¥38,000(PIPPICHIC)ピアス¥15,000(agete/アガット)時計¥22,000(ドメニ コー/エイチエムエスウォッチストア 表参道)

13・ともすれば地味で制服っぽくなりがちな黒JKと相性がいいのがチノパンです

ジャケット¥22,000(ユナイテッド トウキョウ/ユナイテッド トウキョウ 新丸ビル店)パンツ¥19,000(THE SHINZONE/Shinzone ルミネ有楽町)ブラウス¥13,000(スピック&スパン/スピック&スパン ルミネ有楽町店)ベルト¥14,000(ロぺ エターナル/ロぺ エターナル アトレ恵比寿西館店)バッグ[別注]¥23,000(ザ ディレッタント/ドレステリア 銀座店)靴¥17,000(オデット エ オディール/オデット エ オディール 新宿店)ピアス¥78,000ブレスレット¥88,000(ともにジジ/ホワイトオフィス)

14・主張しすぎないチェック柄だからコーディネートに馴染ませやすい

まだチェック柄ジャケットに手を出せずにいた人に朗報。紺ジャケットの延長で着られるオジさんっぽさを全く感じないジャケットがこれ。ボトムスを選ばず秋らしさも抜群。ネイビーベースのシックなグレンチェックジャケット。ピンバッジ付き¥42,000(TICCA)トップス¥27,000(オーラリー フォー ロンハーマン/ロンハーマン)スカート¥45,000(マディソンブルー)バッグ¥69,000(ザネラート/アマン)サンダル¥33,000(PIPPICHIC/ベイジュ)ピアス¥1,843(ザラ/ザラ・ジャパン)

15・シワになりにくいニット素材でカーデ感覚でヘビロテできる

クシュッとバッグに入れて持ち歩けるから、暑いけど秋っぽさを出したい晩夏から活躍。お仕事、ママシーンetc.エレガンスな刺繍レーススカートは、1枚持っておくと何かと便利。ミディ丈のフレアシルエットタイプは、日常にハリ感をくれるドラマティックさが魅力です。実は後ろがウエストゴムなのでノンストレス。ニットジャケット¥19,000カットソー¥7,900スカート¥22,000靴¥13,000(すべてジャスグリッティー)ピアス、バッグ(ともにスタイリスト私物)


★カジュアルジャケット

16・ジャケット用のアウター、カバナのケープ

ジャケット¥90,000ニット¥39,000(ともにザ・ニューハウス/アーク インク)ケープ¥98,000(カバナ/アマン)デニムパンツ¥19,000(レッドカード/ゲストリスト)バッグ¥100,000(ヘイワード/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ)パンプス¥36,000(ピッピシック/ユナイテッドアローズ 銀座店)イヤリング¥158,000(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)リング¥35,000(アガット)

17・シャツジャケットなら羽織るだけで旬コーデにシフト

バックのタブなど、気の利いたディテールが嬉しいジャケット。Tシャツ¥9,500(THIRD MAGAZINE)ジャケット¥78,000(マディソンブルー)レザースカート¥75,000(BACCA/TOMORROWLAND)ピアス¥23,000(モダン ウィーヴィング/デミルクス ビームス 新宿)ブレスレット¥85,000(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)バッグ¥14,000(バウム ウンド ヘルガーデン/アダムエ ロぺ)ブーツ¥49,000(ロランス/ザ・グランドインク)

18・ブラウン投入でネクストシーズン気分を先取り!

秋のトレンドカラーでもあるブラウンで体感は涼しいまま季節をシフト。とろみパンツで女らしく。ジャケット¥39,000〈カオス〉ワイドパンツ¥30,000(CASA FLINE/CASA FLINE表参道本店)Tシャツ¥5,800(ザ シンゾーン/Shinzone LUMINE YURAKUCHO)ピアス¥19,000〈キャス〉(ともにカオス丸の内)バッグ¥41,000(ペリーコ/アマン)靴¥16,000(ダニエラ&ジェマ/カルネ)

19・40代が安心してトレンドものを着られるミラ オーウェン

紺ブレ¥15,000ボーダートップス¥3,800デニム¥7,800サングラス¥4,200イヤリング¥3,800バングル¥4,200トートバッグ¥8,800ミュール¥10,800(すべてミラ オーウェン/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店)

20・ジャケットを羽織りスクエアなバ グを持つだけで40代にふさわしいきちんと感が漂います

ジャケット¥291,000バッグ「ネオ・スクエア バッグ」[H16×W18×D15㎝]¥343,000※予定価格バングル¥69,000(すべてルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス)Tシャツ¥7,800(スローン)パンツ¥22,000(ハイク/ボウルズ)

21・一歩先行くならコーデュロイが狙い目。コート感覚で羽織って

マニッシュに見えるコーデュロイジャケットがベージュのワントーンコーデで柔らかな女性らしい印象に。ベージュコーデュロイジャケット¥79,000(カバナ/アマン)ノースリーブTシャツ¥10,000(ルミノア/ゲストリスト)スカート¥36,000(マドモアゼル/メゾン イエナ)バッグ¥19,000(シー/エスストア)スニーカー¥11,000(ヴァンズ/ユナイテッドアローズ 銀座店)ピアス¥21,000(イディアライト/ジョリー&コー)

22・人気継続のリネンジャケットはひと足先に上品カラーに挑戦

リネン素材で涼しくて軽い着心地。ブルージャケット¥50,000(ブルーバード ブルバード)Tシャツ¥10,000(スリードッツ/スリードッツ青山店)パンツ¥31,000(マザー/サザビーリーグ)バッグ¥16,000(マルシェ/フラッパーズ)シューズ¥36,000(PIPPICHIC/ベイジュ)ダイヤモンド付きネックレス¥20,000ロングネックレス¥25,000(ともにete)コインネックレス¥18,000(HERMINA ATHENS/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

撮影/藤原 宏〈Pygmy Company〉、渡辺謙太郎(MOUSTACHE)、竹内裕二〈BALL PARK〉、酒井貴生(aosora)、西崎博哉(MOUSTACHE)、白木 努(PEACE MONKEY)、水野美隆〈zecca〉、曽根将樹(PEACE MONKEY)、土山大輔(TRON)、嶋野 旭、藤原 宏(Pygmy Company) モデル/佐藤 純、畑野ひろ子、小泉里子、美香 ヘア・メーク/菊池かずみ、森ユキオ(ROI)、平元敬一、川村友子、シバタロウ〈P-cott〉、森ユキオ(ROI)、板倉タクマ(nude.)、YUMBOU(ilumini)、MAKI(LINX)  スタイリスト/入江未悠、竹村はま子、石関靖子、濱口沙世子、兵藤千尋、MaiKo yoshida、大碕ちほ
チームKulturniprogram
FROMチームKulturniprogram 雑誌「Kulturniprogram(ストーリィ)」の製作に携わる編集部員たち。日夜雑誌作りに勤しむなかで得た知見、タメになる情報、愉快な話などなどファッションからライフスタイルまで、Kulturniprogramらしさ溢れるトピックを、webでも存分に披露していきます。
記事一覧を見る >
-Keywords
\ この記事をシェア /
Kulturniprogram web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

Nov
15
今日の40代おしゃれコーデ

トレンドカラー「茶系」の人気No.1コーデは【レーススカート】が主役[11/14 Thu.]

トレンドカラー「茶系」の人気No.1コーデは【レーススカート】が主役[11/14 Thu.]

日めくり7daysコーデ

忙しい毎日を快適銘品で乗り切る!働く40代の1週間コーデ

Thu
【日めくり7days③Thu】話題のカフェをリサーチに。ブラウンのフードコートでトレンド感高めに

【日めくり7days③Thu】話題のカフェをリサーチに。ブラウンのフードコートでトレンド感高めに

PROMOTION

PICK UP

PRESENT

「2019年クリスマス限定コフレ」を計15名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Kulturniprogram最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2019年12月号