DigitalistTravel

チェンマイの伝統マッサージ

こんにちは。

ジャカルタ在住の沢亜希子です。

 

ブログがなかなか更新できずすみません!

 

もう随分前の話になってしまいましたが、夏休みに行ったタイ旅行(バンコク&チェンマイ)の話の続きです。

 

タイに来て、買い物も観光も、短いながらもそれなりに楽しめたのですが、あと一つやり残した事がありました。

 

それは、タイマッサージ!

 

ジャカルタにもマッサージ屋さんは沢山ありますが、やはりタイでは本場のタイマッサージを受けたい!

 

しかも、チェンマイならではのマッサージを受けたいと思い、探してみたら、ありました〜!

 

それが、Tok Sen (トークセン)と呼ばれる、タイ北部に伝わる伝統療法。

 

Tok Senって皆さんご存知ですか?

 

トークは「叩く」、センは「エネルギーライン」といった意味があり、木槌と木の杭で、トントンと全身を叩いていくんです。

こちらがトークセンの木槌と杭。

 

しかも、トークセンで使われる木槌は、必ず雷の落ちた木から作られていて、天からのエネルギーが施術効果を高めると言われています。

 

ちょうどホテルの近くに、Tok Senを受けられるマッサージ屋さんがあったので、オープン時間に合わせて普段から肩こりがひどい長女と行ってみる事にしました。

じつはこのお店、お寺の中にあるんです!

 

お寺を進んで行くと、奥にお店の入り口を発見。

マッサージの種類と金額はこちら。

250バーツ…約900円

150バーツ…約550円

 

1時間の値段です。

 

受付で、トークセン2人お願いしますと言ったら、

 

「ちょっと待ってね〜」

 

と日本語で言われ、待つ事約5分。

 

隣の建物に呼ばれ、靴をぬいで、Tシャツ短パンに着替えて2階に上がると、、、

 

公民館の様なスペースに、マットレスと枕がズラリと並んでいました。

 

ここに横になってと言われ、とりあえず長女と隣でうつ伏せになり、いよいよトークセンの施術がスタート。

 

木槌と杭で叩く事で、筋肉の奥深くまで振動が伝わり、コリがよりほぐれていく感じがします!

痛みなどはなく、リズミカルな木槌の響きがとても心地よく、ウトウトとしてきちゃいました。

 

木槌の施術が終わった後は、指圧や足でマッサージもあります。

 

私は若いお姉さんに施術してもらったのですが、私の背中の上に乗って足でマッサージもされました()

 

でも、不思議と痛くはなく、とても気持ちが良かったです。

なかなか日本では味わえないトークセンマッサージ、是非チェンマイで受けてみてはいかがですか?

沢 亜希子
FROM沢 亜希子 夫の赴任に伴い2017年よりジャカルタ在住。こちらに来る前はKulturniprogramライターとしてヘアやビューティページを担当。現在14&12歳の娘はインターに通い、私はインドネシア語の勉強やヨガ、書道などの習い事のほかに大好きな音楽も続けています。日々のジャカルタ生活で見つけた美味しいもの、新しい発見などをご紹介します。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Kulturniprogram web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Dec
5
今日の40代おしゃれコーデ

【CPOジャケット】もシャギー仕様なら冬らしさ満点[12/4 Wed.]

【CPOジャケット】もシャギー仕様なら冬らしさ満点[12/4 Wed.]

PICK UP

PRESENT

nano・universe 「ワイドパンツ」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Kulturniprogram最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2020年1月号