DigitalistFashion

外見はあなたの名刺♡

奥真弓です。

ファッションアドバイザーをしています。

 

私は6歳年上の夫、アメリカの高校に通う息子、小学生の娘の4人家族です。

私は元々銀行員をしていて、そこで主人と知り合い結婚、約17年間専業主婦をしていました。

 

私は3年半前からファッションアドバイザーとして起業しており、今はお客様のスタイリング、オンラインサロンの運営、そして洋服のデザイナーをさせていただいています。

 

そんな私が事業を始めるときに

1番最初にやったこと

 

それは
『洋服を変えること』
でした。

 

洋服はいわば名刺のようなもの‼︎

 

どんなファッションをしているかが人となりを表しますし、ファッション変えると
取り巻く環境も変わっていきます‼︎

 

洋服は自分の名刺なんだという事を

常に意識をしていると
見られる事を意識するようになりますよね‼︎

 

そう、
客観的に自分を見て、
見られるを意識する
事がとっても大切です‼︎

 

私でいうと、
以前は明るい洋服が

気恥ずかしくて着られませんでした。
が、明るい洋服を着て颯爽と歩く人になりたいと思って、こちらの洋服を購入したのです‼︎

 

最終的にはこちらの洋服を
プロフィール写真にしました♡
→まさに名刺ですね!

 

 

私はたまたまファッション業界での起業でしたが、洋服が名刺となるのは他のお仕事をされている方から主婦の方まで皆さん同じだと思います。

 

服は運を切り開く名刺代わりだということを
是非とも意識してみてください♡

 

 

奥真弓
FROM奥真弓 6歳年上の夫、アメリカの高校に通う息子、小学校の娘の4人家族。 専業主婦17年したのち起業。ファッションアドバイザーとしてのショッピング同行(個人・グループ)をメインにファッションに関するオンラインサロンを運営、またオリジナルブランド(洋服)のプロデュースも手掛けています。
記事一覧を見る >
-Keywords
\ この記事をシェア /
Kulturniprogram web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Dec
5
今日の40代おしゃれコーデ

【CPOジャケット】もシャギー仕様なら冬らしさ満点[12/4 Wed.]

【CPOジャケット】もシャギー仕様なら冬らしさ満点[12/4 Wed.]

PICK UP

PRESENT

nano・universe 「ワイドパンツ」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Kulturniprogram最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2020年1月号