DigitalistTravel

高級タイシルク Jim Thompson

サワディーカー!

バンコク在住の礒田あいです。

 

タイ土産といえば、スパグッズやマンゴーなどのフルーツが有名ですが

実は、上質なタイシルクも人気商品の一つ。

 

本日は、タイのシルク王であるJim Thompson (ジム・トンプソン) がかつて居住しており

今は観光名所にもなっている「ジム・トンプソンの家」についてご紹介します。

古いタイ伝統様式の家屋でできた館内は

ガイドさんの説明を受けながらツアーで見て回ることができます。

日本語ガイドもあり、日本語が流暢なタイ人ガイドが案内してくれます。

残念ながら館内は撮影禁止でしたが

中では、ジム・トンプソンがコレクションした貴重な古美術品を鑑賞したり

昔のタイ人の生活習慣や、このエリアの人々の生計の立て方を知ることができました。

とても興味深くて、30分程度のツアーがあっという間でした。

 

そのほかにも、ジム・トンプソンSHOPでシルク商品を買い物することができます。

私はこちらのメッセージカードを購入しました。

色々な機会でメッセージを添えることがあるので、いくつか手元においておくと安心ですよね。

 

館内ツアーと買い物の後は、タイ料理ランチをいただきました。

併設しているレストラン店内、落ち着いた雰囲気でとてもステキでした。

窓の外には川が流れていて、それもまた風情があります。

いただいたタイ料理たち、評判通りでどれも美味しかったです!

実はこれにプラス、マッサマンカレーも食べました(友人と2人でペロリでした・・笑)

 

お昼時には、蚕から糸を紡ぐ実演やタイ舞踊を見ることが出来ました。

暑い日でしたが、笑顔を絶やさず踊るお姉さんたちがとても可愛らしかった♡

 

帰りはこちらのトゥクトゥクが駅まで送ってくれました。

バンコクに駐在していると、実はなかなかトゥクトゥクに乗らないので楽しめました。

(駅が近いので、乗車時間2〜3分でしたが 笑)

 

この日、ジム・トンプソンの家で過ごした時間はトータル3時間ほどでしたが、大満喫!

タイシルク商品やタイ料理、トゥクトゥクが体験できるコンパクトにまとまった観光地なので

短期間のバンコク旅行だけど色々見たい、体験したい、という方にはオススメです。

👉

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

礒田あい
FROM礒田あい IT企業のワーキングマザーから一転、2019年1月よりタイの首都バンコクにて駐在スタート。娘はインターナショナルスクールに通い、私は語学やスポーツに励む日々。バンコクは美味しいグルメ&美容に溢れた観光大国。日々の発見を中心に「行ってみたいな」と思っていただける情報をお届けします。
記事一覧を見る >
-Keywords
\ この記事をシェア /
Kulturniprogram web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Nov
15
今日の40代おしゃれコーデ

【モーブ色】を効かせた大人コーデで金曜のワークショップへ[11/15 Fri.]

【モーブ色】を効かせた大人コーデで金曜のワークショップへ[11/15 Fri.]

日めくり7daysコーデ

忙しい毎日を快適銘品で乗り切る!働く40代の1週間コーデ

Fri
【日めくり7days④Fri】午後休を取ってママ友とランチ。ウエストマークして女らしく

【日めくり7days④Fri】午後休を取ってママ友とランチ。ウエストマークして女らしく

PROMOTION

PICK UP

PRESENT

「2019年クリスマス限定コフレ」を計15名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Kulturniprogram最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2019年12月号