DigitalistTravel

京都通なら知っている!狸谷山不動院

こんにちは。
京都の岡本エリです。

最近、週末には京都の穴場スポット巡り
をしていますが、
今回訪れたところは満足度ナンバー1
かも知れません!

京都市左京区の「狸谷山不動院
(たぬきだにさんふどういん)」。

はい、名前のとおりです。
期待は裏切りません。

タヌキがいっぱい。

「タヌキダニのお不動さん」として
交通安全と厄除け、がん封じ祈願で知られる
修験道のお寺です。
この地域は、宮本武蔵と縁が深く、
境内には武蔵が修行したという滝も
流れています。

鳥居をくぐると、
伏見稲荷大社を思い起こすような
白龍弁財天。

ここで金運アップを祈ります!
※今は黄色いテープがはってあって
くぐることはできませんので
ご注意くださいね。

さあここからが修行の始まり。
狸谷山不動院の本堂は、はるか山の上。
修験道というだけあって、
お参りするだけでも一苦労。
250段の階段を上りきらないと
本堂にはたどり着かないんです。

250段は、タヌキが数えてくれます♡

50段目には、

斜面に七福神。

99段目では、

弘法大師像が参拝者をお出迎え。
いきなりあらわれるので、ちょっと怖め。
全国を行脚した弘法大師にならい
健脚わらじを奉納して、
足腰の健康祈願に訪れる参拝者も多いとか。

この位置に健脚の弘法大師が立っているのも
絶妙なタイミング。
99段目って、上るにも引き返すにも中途半端。
計算して建てられたとしか思えない(-_-;)

なかなかの傾斜に、振り向いて…

苦笑い(*^-^*)

運動不足にはちょっと辛めの250段。笑
ところどころで段数を教えてくれる
タヌキの置き物が唯一の癒しです。

206段目で
ようやく本堂が姿をあらわします。

あと、44段!

ここまでくると、
ゴールが見えているので
気持ちに余裕が出てきます♪

そして、

250段目に到達!!

清水の舞台と同じような構造の本堂。

緑の間から
京都市街を垣間見ることができて
爽快な達成感が待ってくれています。

京都の名所が大集合したような
とっても楽しいお寺。
階段を上がるたびにワクワク感が
増していきます。

運動不足の方には、特におススメです!!

 

 

大本山 狸谷山不動院

 

 

岡本エリ
FROM岡本エリ 娘2人と夫の4人暮らし。ファッションはほぼ毎日カジュアル派。時間を見つけては、とっておきの京都探しを楽しんでいます。ローカル目線を大切にして、〝暮らす京都〟を発信していきます。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Kulturniprogram web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Nov
15
今日の40代おしゃれコーデ

【モーブ色】を効かせた大人コーデで金曜のワークショップへ[11/15 Fri.]

【モーブ色】を効かせた大人コーデで金曜のワークショップへ[11/15 Fri.]

日めくり7daysコーデ

忙しい毎日を快適銘品で乗り切る!働く40代の1週間コーデ

Fri
【日めくり7days④Fri】午後休を取ってママ友とランチ。ウエストマークして女らしく

【日めくり7days④Fri】午後休を取ってママ友とランチ。ウエストマークして女らしく

PROMOTION

PICK UP

PRESENT

「2019年クリスマス限定コフレ」を計15名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Kulturniprogram最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2019年12月号