DigitalistTravel

秋の京都大原ですっきり足湯カフェ

こんにちは。
京都の岡本エリです。

やっと暑さから解放されたかと思ったら、
先週あたりから今度は寒暖の差。
この時期の気候に適応するのが
年々大変になってきたような。

夏に冷房が効いたお部屋で
長時間裸足でサンダルを履いていたり、
少しキツめのパンプスを履いて
参観に出かけたり、
足に負担がかかって血流悪そう
とは思っていましたがなかなか改善できず。

最近、週末が雨ということも多いので、
屋内でゆっくりできる足湯カフェへ
足の保養に行ってきました!

大原温泉 湯元のお宿
民宿大原山荘の『足湯カフェ』。

大原は、以前ブログでもご紹介しましたが、
(ブログはこちら→「大原ふれあい朝市」)
京都市中心部からは少し離れた
自然いっぱいの里山で、
街中とは違った京都を味わうことができる
人気の観光スポットです。

こちらのカフェは、
和のテイストが多いメニュー(●´ω`●)

あずきがたっぷり入った
おぜんざいとほうじ茶セット。

濃厚な羊羹と冷たいお抹茶は、
一番のお気に入りです♡

そして、こちらのおススメは、

自家製しそジュース!
赤しそは、ここ大原の名産品でもあるんです。
色から想像すると酸っぱいイメージですが、
どちらかというと
さっぱりした味わいです。

温泉に足を浸しながらまったりする時間は
至福のひと時。
家族や友人たちとの会話も
自然とリラックスしたものに
なっていきます。

床にはちょうど良いサイズの石が
敷き詰めてあって、

ツボが表示されたプレートを見ながら

自分でポイントや強さを調整。
セルフ足つぼマッサージです♪
これがまた気持ちいい♡

ちょっと温泉が恋しくなったなと思う時は
我が家はいつもココ。

カフェへは、
清水焼や信楽焼の陶器の販売と
絵付けの体験コーナーをしておられる
「らくやき(寂光院窯)」さんから入ります。

↓ 数年前に娘たちが体験したときのもの

温泉もカフェも両方楽しめる欲張り空間。
タオルは貸していただけるので
手ぶらで出かけられるのが嬉しいですね。
いつも頑張ってくれている足にご褒美を!

 

大原温泉 湯元のお宿
民宿大原山荘『足湯カフェ』

 

 

岡本エリ
FROM岡本エリ 娘2人と夫の4人暮らし。ファッションはほぼ毎日カジュアル派。時間を見つけては、とっておきの京都探しを楽しんでいます。ローカル目線を大切にして、〝暮らす京都〟を発信していきます。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Kulturniprogram web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Nov
17
今日の40代おしゃれコーデ

プチ同窓会は【シャイニースカート】で親しみやすい女らしさを[11/17 Sun.]

プチ同窓会は【シャイニースカート】で親しみやすい女らしさを[11/17 Sun.]

日めくり7daysコーデ

忙しい毎日を快適銘品で乗り切る!働く40代の1週間コーデ

Sun
【日めくり7days⑥Sun】旦那に子どもを預けて日帰り温泉旅行に出発!ショート丈ダウンが味方に

【日めくり7days⑥Sun】旦那に子どもを預けて日帰り温泉旅行に出発!ショート丈ダウンが味方に

PROMOTION

PICK UP

PRESENT

「2019年クリスマス限定コフレ」を計15名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Kulturniprogram最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2019年12月号