DigitalistTravel

世界遺産ドロミーティDolomitiと宝石の湖

ドロミーティDolomitiで数日過ごしていると、天気が数時間で目まぐるしく変わり、特徴的な地形の織り成す自然と向き合うことの厳しさと雄大さ、大自然を身体全体で感じます。

広いエリアのため、自分なりに目に焼き付けたい場所を絞っていた時に知ったある湖に一目惚れ。

ドロミーティの宝石と称されるカレッツァ湖LagoCarezzaを訪れました。

引き込まれるエメラルド色の湖。写真ではうまく写っていませんが、後ろの荒々しく剥き出しの山々が湖に反映されています。

湖畔の周りをゆっくりと湖と周辺の植物を眺めながら散策。なんだか夢で見たような…初めて見た景色に感じない。

ここに来れたことに感謝です。

ドロミーティはドロミーティ街道を中心に避暑地として賑わっている街がいくつかあります。なるべく静かな場所?を好む我が家は、滞在したエリアにホテルは数軒。このような山道を走って各地に行きます。

滞在中に子供の誕生日がありました。朝食の際、私たちのテーブル担当の方と雑談していた時に、そのことをちらっと話したら・・・。

次の日の朝、なんと!ハッピーバースデーの飾り付けのテーブルが!?

誕生日がバカンス真っ只中の子供は、家族中心のお祝いがメインになっているので、この素敵なサプライズに大感激!!

テーブルには、ホテルからプレゼントの可愛いぬいぐるみまで。旅行中は、このうさぎちゃも大事な子供の旅仲間。

夕食では、朝のサプライズを話題に誕生日を改めてお祝いしていた私たち・・・そこに、突然照明が暗くなって、伝統的な衣装を着たスタッフ方がこちらのテーブルへ。生演奏と誕生日ケーキ、周りのお客様も祝福してくださり。この素敵な演出に母親の私がウルウル。

「誰が誕生日の主役か分からないよ」と家族にツッコミされながら、思い出深い子供の誕生日となりました。

子供は、大感激で対応してくださったスタッフにイタリア語のお礼を書いたメッセージカードを渡しました。

 

イタリアのホテルやレストランでは、各テーブル担当の方が決まっていることが多いです。担当の方やスタッフと挨拶や会話を楽しむと、よりお互い親しみやすくなりますよね。旅先での一期一会、笑顔と共に素敵な思い出が出来るかも?

マイナスイオンをたっぷり吸収しながら、食事も美味しく、室内プール等設備、サービスもすばらしかった今回のホテルHotel Kolfuschgerhof Corvara-Colfosco-Alta Badia-Dolomites子供は「大人になったら、またここに来たい!」と話すまで、お気に入りに。

チェックアウトの際もフロントスタッフからチョコレートとホテルオリジナルのお菓子を頂き、ここまでのおもてなしに大変恐縮しながら、次の目的地に出発です。

高浪 美智子
FROM高浪 美智子 夫の赴任によりイタリア在住。旅行、ワイン、料理、アートが好き。出産後にメンタル系カウンセラー資格取得や野菜作り、現在はイタリア語と料理を学ぶ等、興味と関心は幅広い。「自分らしく」を好むこちらの雰囲気を自然体で綴らせていただきます。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Kulturniprogram web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Oct
17
今日の40代おしゃれコーデ

おろしたての【クルーネックニット】が主役のシンプルコーデが気分[10/17 Thu.]

おろしたての【クルーネックニット】が主役のシンプルコーデが気分[10/17 Thu.]

PICK UP

PRESENT

MARCHER (マルシェ)の「ファーかごバッグ」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Kulturniprogram最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2019年11月号